パールカラーにゆれて

「街は恋するものたちの港~」の”パールカラーにゆれて”です。

 

街の明かりを淡い色の”パールカラー”と表現して

淡い、はかない恋心を歌っていました。

 

サビの部分で「揺れて揺られて~流れ流れて~」

と言う曲の歌詞の部分が、印象に残っています。

 

そういえば、この頃は今と違って、高速道路や

トンネルがあまり整備されてませんでした。

 

当時、本州から四国や九州

その他の土地へ行くのに船舶が

人の移動するための乗り物として主流でした。

 

そのため、船を見送る場所は

別れる場所としての代名詞となりました。

 

船が波に揺れているのと

心が揺れているのとが曲の歌詞の部分の

「揺れて揺られて~流れ流れて~」

に表現されているような感じがします。

 

こんな大人びた歌を歌っていても

年齢的には高校生でしたね~。

 

題名: パールカラーにゆれて

作詞/ 千家和也 作曲/ 佐瀬寿一 編曲/ 船山基紀

歌/ 山口百恵

1976年9月21日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です