夏ひらく青春

「ひとつ結ぶ ひとつ開く 恋という名前の 夏の花~」

の”夏ひらく青春”です。

 

「青い性」路線で、山口百恵は

人気を獲得していきました。

 

「青い性」とは、少女がもつ性的なもののことです。

 

この際どい内容の歌詞を歌った「青い性」路線で

山口百恵は人気を獲得していきました。

 

1975年の紅白歌合戦で歌われた曲です。

 

題名: 夏ひらく青春

作詞/ 千家和也 作曲/ 都倉俊一 編曲/ 穂口雄右

歌/ 山口百恵

1975年6月10日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です