夢芝居

「恋のからくり夢芝居~

台詞ひとつ 忘れもしない~」

の”夢芝居”です。

梅沢富美男は大衆演劇で、「下町の玉三郎」のニックネームで

一躍歌謡界のトップスターになり、

その後の大衆演劇ブームを作り出した人物です。

そんな梅沢富美男が発売した”夢芝居”は

3万枚売れればヒット曲といわれた時代に、

なんと40万枚ものセールスを記録した歌です。

第34回NHK紅白歌合戦で、”夢芝居”で初出場を果たしました。

梅沢富美男が得意の演舞で、このステージに華を添えた。

大衆演劇の劇団員をよく知らなかった私は

必殺仕事人で梅沢富美男の存在を知りました。

題名: 夢芝居

作詞/ 小椋佳 作曲/ 小椋佳

歌/ 梅沢富美男

1982年発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です