色つきの女でいてくれよ

「さよなら ぼくの美少女よ きりきり舞いの美少女よ

いつまでも いつまでも 色つきの女でいてくれよ~」

の”色つきの女でいてくれよ”です。

 

個人的に、ザ・タイガースで一番好きな曲です。

 

ザ・タイガースでは珍しい複数ボーカル制で

加橋かつみがリードボーカルとして

沢田研二がサビを担当しました。

 

それがまた、歌に深みとノリを与えていると

思わずにはいられません!

 

オリコンで2位につけ、TBSテレビ

“ザ・ベストテン”でも最高2位を獲得しました。

 

“コーセー化粧品”で春のイメージソング

と言うのも手伝って大ヒットしました。

 

題名: 色つきの女でいてくれよ

作詞/ 阿久悠 作曲/ 森本太郎 編曲/ 伊藤銀次

歌/ ザ・タイガース

1982年2月5日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です