恋のバッド・チューニング

「Bad Bad Bad Tuning ずれてるほうがいい

Bad Bad Bad Tuning 男と女~」

の”恋のバッド・チューニング”です。

 

当時珍しかったカラコン(カラーコンタクト)を

着けて歌っていた姿が怖かったです。

 

今でもあんな色のカラーは、ホラー映画でぐらいしか

使ってないんじゃないかな~。

 

衣装もビニール製の物を使ったりしていて

これまた型破りだったような。

 

この歌のヒットで全シングルレコードの

総売上枚数がついに1000万枚を突破しました。

 

題名: 恋のバッド・チューニング

作詞/ 糸井重里 作曲/ 加瀬邦彦 編曲/ 後藤次利

歌/ 沢田研二

1980年4月21日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です