ピンク・タイフーン

「まだ間に合う あわてないで
落ち着いて行け~」
の”ピンク・タイフーン”です。


“ジパング”で売り上げ面では下り坂になりかけたピンクレディーですが、
今度は、阿久悠・都倉俊一コンビから離れて
「洋楽」のカバーでブレイクしました。
“ピンク・タイフーン”はヴィレッジ・ピープル(Village People)
が歌った”In The Navy”の日本語カバー曲です。
当時、Village Peopleの曲は日本でも話題性十分でした。
“Y.M.C.A.” は、西城秀樹が”YOUNG MAN”として歌ってましたし、
“In The Navy” は、ピンクレディー以外にも
渋谷哲平が”Young Sailor Man”として違う日本語歌詞でカバーしました。
それにしても、なんの変化もなく「In The Navy」ではなく
「ピンクレーディー♪」と恥ずかしげもなく歌い上げれたのは
“ピンクレディー”だから許されたのでしょう!
それと、今までの都倉サウンドにはなかった遊び心が
“ピンク・タイフーン”の一番の特徴ではないでしょうか。
さびの部分で、「ワンツースリーワンツースリ-ワンツースリーウー!」
のところでは盛り上がりましたね~。
題名: ピンク・タイフーン
作詞/ BELOLO HENRI(訳詩:岡田富美子)
作曲/ MORALI JACQUES
歌/ ピンクレディー
1979年5月1日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照
YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です