マンデー・モナリザ・クラブ

「錨(いかり)の刺青を 隠したポパイが~」
の”マンデー・モナリザ・クラブ”です。


阿久悠・都倉俊一コンビによる最後の曲です。
阿久悠・都倉俊一コンビが抜けることで、
“ピンクレディー”の”ミーちゃん”、”ケイちゃん”や、
その他、スタッフ達にとっては、色々な意味で
感慨深い曲だったと感じます。
阿久悠・都倉俊一のコンビが、
「そろそろ、子どものお客を無視した、
ミーとケイ、ふたりのための曲を作ろう」
と話し合った上で作りあげた、
ファンにうける歌と言うよりは、
“ピンクレディー”のために作った曲となりました。
アダルトな魅力にあふれた楽曲に仕上がってます。
当の”ピンクレディー”の二人も、永い間待ち望んでいた曲、
と声を合わせていったと言われる歌となりました。
題名: マンデー・モナリザ・クラブ
作詞/ 阿久悠 作曲/ 都倉俊一 編曲/ 都倉俊一
歌/ ピンクレディー
1979年9月9日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照
YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です