少女A

「上目使いに 盗んで見ている~

蒼いあなたの 視線がまぶしいわ~」

の”少女A”です。

中森明菜の代表作の1つであるが

もともとは沢田研二向けに「ロリータ」のタイトルで提供され

廃案になった歌詞を書き直したものでした。

ひとりの人間としてじゃなく、

偶像(アイドル)として扱われる事に反発していた時期に、

心のうっ積したモノをはき出すように歌っていたような・・・。

山口百恵の時代の時のように「青い性」路線に導かれるような事に対して

はっきりと「No!」とこの歌を通して主張していたような気がします。

それでも「私の名前」ではなく、「少女A」としか認めてくれない・・・。

そう思って聞くと、パンチのある歌の中に

切なさがにじみます・・・。

題名:  少女A

作詞/ 売野雅勇 作曲/ 芹澤廣明 編曲/ 萩田光雄

歌/ 中森明菜

1982年7月28日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です