踊り子(おどりこ)

「答えを出さずに~いつまでも暮らせない~」
の”踊り子”(おどりこ)です。


題名: 踊り子(おどりこ)
作詞/ 村下孝蔵  作曲/ 村下孝蔵
歌/ 村下孝蔵
1983年8月25日シングルリリース

ベンチャーズや加山雄三のギターテクニックに憧れていたので、
自作のギターを制作するなどしながら、音楽に傾倒して行く。
高校卒業後、就職した広島ヤマハでピアノ調律師の傍ら
音楽活動を行っていて、自主製作アルバムを発表する。
1979年、ソニーレコード(当時、CBSソニー)が主催した、
第1回SDオーディションに合格。
同期合格者にはHOUND DOG、堀江淳、五十嵐浩晃がいた。
1980年シングル「月あかり」でデビューして、1981年「春雨」、1982年に「ゆうこ」が話題となる。
1983年に発売したヒット曲「初恋」は、三田寛子、田尾安志などがカバーして話題となった。
続いて発売した「踊り子」、「少女」、「夢のつづき」も好評であった。
これらのヒットにより、英語を使わずに日本語を用いた丁寧な情景描写による歌詞と、
旧来の歌謡曲と洋楽や日本のグループサウンズのメロディーを融合させた様な、
繊細かつ親しみやすい曲調を奏でるシンガーソングライターとして認知される。
「初恋」ヒット時、テレビ番組への出演は
所属レコード会社の意向で
一切無くて控えられていたので、
村下孝蔵の顔を知らないファンが大勢いたようです。
僕もその一人です。
1999年6月20日、東京駒場のスタジオでコンサートのリハーサル中に
突然体調不良を訴え、当初は救急車も呼ばずスタッフ付添のもと
自力で病院を訪れたが、診察で高血圧性脳内出血と判明した直後に
昏睡状態に陥り、4日後の24日に逝去した。享年46。
曲風と本人の人柄のためか生前はやや地味な存在であった。
しかし、作詞作曲能力・歌唱力・ギターテクニックばすばらしいと思います。
動画を見てもらえば、繊細な指の動きを見てもらえば
ギターテクニックがすばらしいものだという事がわかると思います。
コンサートでは「ひとりベンチャーズ」なるギターソロを披露したこともあるそうです。
あまりにも早く亡くなりすぎです。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照
YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です