人生(たび)の空から

「深く耳を澄ませば 朝一番の汽笛
街はにわかに ざわめいて~」
の”人生(たび)の空から”です。


“季節の中で”と、”長い夜”に続く
“松山千春”のヒット曲です。
学生だった時に、この”人生(たび)の空から”を
聴いていましたが、自分の将来について悩んでいる時に、
これほど人生について歌っている歌で、心にしみてくる歌は
ありませんでした。
「まわり道でも 旅の終りに
君にもう一度 会えたならいいね~」のフレーズに
この”人生(たび)の空から”の歌のすべてが、
集約されているといっても良いと思います。
人(人生)は、出会いと別れを繰り返して
生きていくものだと、よく言われますが、
「旅(人生)の終わりに会うことができればいいね。」
と思える人が、たくさん出来るような生き方をしたいですね。
題名: 人生(たび)の空から
作詞/ 松山千春 作曲/ 松山千春 編曲/ 大原茂人
歌/ 松山千春
1980年9月21日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照
YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

【送料無料】松山千春 スーパー・ベスト・コレクション

【送料無料】松山千春 スーパー・ベスト・コレクション価格:3,024円(税込、送料別)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です