青春

「人は皆 だれでも 愛を信じて
ささやかな人生を 歩きつづける~」
の”青春”です。


誰もが知っていて、誰もが通る、そして大事な時期
“青春”を、”松山千春”も自分の気持ちのままに、
歌にぶつけました。
愛や夢。この青春の時期に、夢見て恋いこがれ、
理想を夢見て生きていこうとする、
かけがえのない時期を歌に込めました。
ただ、”松山千春”の思いは強く、
1曲では足りなかったのでしょう!
後に、青春の言葉のある2曲目である
続編の”青春Ⅱ”も歌いました。
題名: 青春
作詞/ 松山千春 作曲/ 松山千春 編曲/ 松井忠重
歌/ 松山千春
1978年04月25日発売

5:08から

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照
YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です