ひとりぽっちで踊らせて

「女がひとりきりで 踊ってると不自然

そんな言葉 もう聞かないわ~」

の”ひとりぽっちで踊らせて”です。

中島みゆきは、どうしてこんなに

さみしい女心が歌えるんでしょうね。

好きな男の人に振り向いてもらえない

女の孤独やさみしさを、見事に歌に込めています。

そんな女の寂しさを、中島みゆきが・・・

聴けば涙が出てくるような歌詞に込めて・・・。

そして研ナオコの美声が、そんな悲しい歌に合わせて

切なく歌ってくれる・・・。

そんな二人が作り上げた

“ひとりぽっちで踊らせて”を

研ナオコの代表曲にあげるファンが多いのにも

納得することが出来ます。

題名: ひとりぽっちで踊らせて

作詞/ 中島みゆき 作曲/ 中島みゆき

歌/ 研ナオコ

1979年8月21日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です