22才の別れ

「あなたにさようならって言える~のは今日だけ~」
の”22才の別れ”です。


題名: 22才の別れ(にじゅうにさいのわかれ)
作詞/ 伊勢正三  作曲/ 伊勢正三  編曲/ 石川鷹彦
歌/ 風
1975年発売

22才の別れ(にじゅうにさいのわかれ)は、
日本のフォークデュオ「風」のデビューシングルである。
1975年2月5日に日本クラウンよりリリースされた。
もちろん、作詞・作曲は伊勢正三である。
元々は、かぐや姫に在籍していた頃のが
1974年のアルバムで、
「三階建の詩」のために書いた2曲のうちの1曲で、
シングルとしては発売されなかったが、
かぐや姫解散後「風」を結成しデビューシングルとしてリリース。
「風」最大のヒット曲となった。
(ちなみに、「三階建の詩」のために書いた2曲のうち、
もう1曲は、これもまた名曲のなごり雪です。)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照
22才の別れを書いた頃の伊勢正三は、
後に、当時のインタビューで、「ヒット曲は幾らでも書ける」
などと答えてしまっているほど、
乗りに乗っていた頃の作品である。
YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です