矢切の渡し

「つれて逃げてよ…

ついておいでよ…~」

の”矢切の渡し”です。

 

「矢切の渡し」の由来は、映画寅さんや、

小説「野菊の墓」の舞台となった場所として

有名な渡し舟です。

 

場所は、千葉県松戸市の矢切(やきり/やぎり)。

 

江戸川の渡し舟である

矢切の渡しが知られています。

 

この”矢切の渡し”で、北酒場に続いて、

第24,25回日本レコード大賞を

2連覇しました。

 

大賞を受けた翌年は売れないと言われていた

ジンクスを堂々と打ち破った歌になります。

 

もともとこの歌は、”ちあきなおみ”が歌っていた歌を

カバーした歌で、”ちあきなおみ”の歌に比べて

テンポの良い歌になっています。

 

題名: 矢切の渡し

作詞/ 石本美由起 作曲/ 船村徹

歌/ 細川たかし

1983年2月21日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です