How many いい顔

「ジゴロを気取った くわえ煙草を

真赤な爪が 奪ってゆくよ~」

の”How many いい顔”です。

当時の「カネボウ」秋のキャンペーン・ソングです。

郷ひろみの歌としては珍しく

約1ヶ月半たって、オリコンBEST10入り。

まーそれも、セールスが伸び悩んでいたからですが

CMのおかげで、市民権を得ました。

歌詞の中では、“処女”と”少女”と”娼婦に淑女”

と、女性に対しての“性”を、意識させました。

題名:  How many いい顔

作詞/ 阿木燿子 作曲/ 網倉一也 編曲/ 萩田光雄

歌/ 郷ひろみ

1980年7月21日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です