若さのカタルシス

「中途はんぱに ぶらさがってる

銀の枯葉が ぼくの恋だよ~」

の”若さのカタルシス”です。

テレビドラマ”ミセスと僕とセニョールと”の

挿入歌となった歌です。

セールス的にはあまりヒットせず

20万枚もいかないほどでした。

ザ・ベストテンでは、BEST10入りは

果たしたんですけどね・・・。

「ザ・ベストテン」でランクインされた時には

「カタルシス」の意味がテロップ表示されていました。

題名:  若さのカタルシス

作詞/ 阿木燿子 作曲/ 都倉俊一 編曲/ 萩田光雄

歌/ 郷ひろみ

1980年11月1日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です