哀愁のカサブランカ

「抱きしめると いつも君は

洗った髪の香りがした~」

の”哀愁のカサブランカ”です。

バーティ・ヒギンズの

“カサブランカ”のカヴァーで

郷ひろみの歌うバラードの代表曲の1つ。

ニッポン放送パーソナリティの、はた金次郎が

「オールナイト・電リク」で日本語歌詞を募集しました。

歌詞は当時18歳の現役の高校生で

作詞家志望の”吉井伸子”が

最優秀作詞賞に選ばれました。

発売するシングルの日本語歌詞は

“山川啓介”がたずさわり”山川啓介”で発売。

あみんの“待つわ”が無ければ

オリコンでも1位になっていたでしょう!

題名:  哀愁のカサブランカ

作詞・作曲/ B. Higgins, S. Limbo, J. Healy

日本語詞/ 山川啓介 編曲/ 若草恵

歌/ 郷ひろみ

1982年7月17日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です