高校三年生

「赤い夕日が 校舎をそめて
ニレの木陰に 弾む声~」
の”高校三年生”です。


舟木一夫、橋幸夫、西郷輝彦とともに
“御三家”と呼ばれていました。
学生服と八重歯がトレードマークでした。
歌を歌うときは、学生服で歌っていました。
デビュー当時は、学園ソングとよばれる
高校生活をテーマにした歌が多かったですね。
当初は”舟木和夫”という芸名になる予定でしたがが、
舟木自身の希望で”舟木一夫”になったそうです。
この”高校三年生”で、いきなり120万枚の大ヒットを飛ばし、
スター歌手にのし上がりました。
題名: 高校三年生
作詞/ 丘灯至夫 作曲/ 遠藤実
歌/ 舟木一夫
1963年6月5日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照
YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です