二人でお酒を

「うらみっこなしで 別れましょうね

さらりと水に すべて流して~」

の”二人でお酒を”です。

社会進出著しい、そんな時代の女性歌手でした。

舞台であぐらをかきながら歌う姿が、何となく

“粋”に感じ行為だったように思えます。

もともと10代の頃からやさぐれていたので

そんな仕草も、似合っていたんだと思います。

それにこの歌は”大人の関係”を歌っていて

意味深な曲だったと思います。

プライベートでも

“東尾修”との大人の関係発言をしていたので

つくづく、梓みちよにピッタリの曲だったと思います。

 

とても“こんにちは赤ちゃん”を歌っていた人と

同一人物とは思えませんね。(笑)

題名:  二人でお酒を

作詞/ 山上路夫 作曲/ 平尾昌晃 編曲/ 森岡賢一郎

歌/ 梓みちよ

1974年3月25日発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です