石狩挽歌

「海猫が鳴くから ニシンが来ると

赤い筒袖の ヤン衆がさわぐ~」

の”石狩挽歌”です。

作詞家の”なかにし礼”のつらく悲しい

貧困時代を歌った歌でした。

実兄の愚行のおかげで

ニシン漁が上手くいかなかったので

貧困になって切ない気持ちを訴えました。

題名にある”挽歌”とは、悲しみを表現した歌で

訴える気持ちが、ものすごく伝わってきます。

そんな重たい歌を、何人かの歌い手が

歌いましたが、”北原ミレイ”が歌っている姿が

1番しっくりくるように思えました。

題名: 石狩挽歌

作詞/ なかにし礼 作曲/ 浜圭介

歌/ 北原ミレイ

1975年(昭和50年)頃発売

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

YouTubeで歌、音楽、懐メロを無料でPV視聴に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です